シエラ通信2018 no.2【WawonaからTuolumne Meadows】

2018年ヨセミテ国立公園付近の現地情報。
ヨセミテ国立公園の主要な場所と言えば、歴史的に見るとYosemite Valley, Wawona, Tuolumne Meadowsでしょう。no.2 はあまり日本人ハイカーには馴染みの少ないWawona からTuolumne Meadows までのリポート。

「Trail Experience Tour 2018」アフターリポート

信越トレイルの整備からスタートし、昨年からはトレイルだけでなくその周りも楽しんでしまおうという一泊二日のツアー。今年より名前を新たに『Trail Experience Tour』としました。ハイキングに息づくハイキングカルチャー同様に、トレイルに息づくトレイルカルチャーを思う存分味わいます。舞台は「信越トレイル」とそのトレイルタウンである長野県は「飯山(いいやま)」。

「HAMMOCKS for Hiker 2018」アフターリポート

2016年の開催から今年で3回目になる「HAMMOCKS for Hiker 2018」には、おかげさまで過去最多となる沢山の方にご来場いただきました。イベント終了から時間は経ってしまいましたが、その模様を少しご紹介します。

はじめてのUL 2018〈春〉アフターリポート

「はじめてのUL」第五回目のアフターリポート。開催は2018年5月。「はじめてのUL」とはHiker's Depotのが主催する、スタンダードなウルトラライトなテクニックを学び、自分らしい山登りのスタイルを探るワークショップです。

タープ設営バリエーション その1|CT Tarp ベース

長方形をしたスタンダードなレクタングラータープは、使い方を知っていると実に自由に形を変えて、その状況に合わせた使い方ができる頼もしいアイテムです。ですが、どう扱ったら良いか分かりにくいものでもあります。そのバリエーションをご紹介。大体は一般的な長方形タープも使えますが、ベースとしてTrail BumのCTタープなど4辺にバンジーコードを入れているものに対応しています。

チューブキルトをアンダーキルトにする方法

ハンモック専用のスリーピングバッグ(チューブの時点でバッグではない!?)をアンダーキルトとして使ってみます。このやり方だとチューブキルトを利用して暖かく座ることもできます。これで一気にチューブキルトの応用範囲が広がること間違いなし!

ダウンバッグとハンモックの合わせ方

当店の中でも最古参のオリジナルアイテムである「ダウンバッグ」。じつは上下のないシンプルな構造だからこそハンモックを包んでしまうことができます。こうすると、マットが不要になり軽量化。それだけでなく包まれて暖かい!

みちのく潮風トレイル、歩いてます。

当スタッフ長谷川が「みちのく潮風トレイル」の八戸〜久慈区間を2016年秋に、2018年春にはトレイル上もっとも景観の良い区間の一つでありリアス式海岸を“心底”楽しめる最苦難とも噂される久慈〜宮古区間を歩きました。個人的事情で一気歩きができませんが、これからも少しずつ繋いで歩いていきます。 地図は開通済み区間のものでしたら一通りお見せできるものがあります。みちのく潮風トレイルの東京の出店(でみせ)として、できる範囲でいつでもご案内します!

はじめてのUL 2017〈秋〉アフターリポート

「はじめてのUL」第四回目のアフターリポート。開催は2017年11月。「はじめてのUL」とはHiker's Depotのが主催する、スタンダードなウルトラライトなテクニックを学び、自分らしい山登りのスタイルを探るワークショップです。

THE GREAT DIVIDE BIKEPACKING [Vol.4]

GDMBRの環境や生活についてお伝えしてきたVol.3まで。今回は実際に旅で使った道具について個人的な意見や思いと、実際に見た、話をしたをGDMBRライダー達の姿を交えながら“ホントの”バイクパッキングギアを紹介していきます。

はじめてのUL 2017〈春〉アフターリポート

「はじめてのUL」第三回目のアフターリポート。開催は2017年6月。「はじめてのUL」とはHiker's Depotのが主催する、スタンダードなウルトラライトなテクニックを学び、自分らしい山登りのスタイルを探るワークショップです。

THE GREAT DIVIDE BIKEPACKING [Vol.3]

【Bikepacker's Life】GDMBRを旅するBikepacker達はアメリカの広大な大地を、街での生活のように時間や情報に縛られことなく、必要なものだけを自転車に載せ、食べ、眠り、走る生活を続けます。今回はそこでの生活がどんなものなのか僕のGDMBRでの経験をもとに紹介していきます。

ハイカーのための軽量ハンモック案内

昨春にHammocks for Hikerというイベントがあったのを知っている方はいらっしゃいますか?ハイカーのためのハンモック、と不思議に思った方も多いでしょう。試し張りに付き合った時に感じたハンモック考をお話しできたらと思います。