Trail Bum® Turtle のテープアジャスターの通し方

*この通し方は販売時の状態とは異なります。ですが、この方法は固定力が高いのでおすすめです。

また、ロットによっては異なるアジャスターが付いている場合がありますので、できるだけ写真のような形状のアジャスターに変更することを推奨します。

 

1. アジャスターパーツ以外、切ったり縫ったりする必要はありません。アジャスターに3つのスリットがあるのを確認してください。

 turtle_16v_22

 

2. まず最初は3つのスリットの三角側のスリットにショルダーを折りたたんで通します。

turtle_16v_23

 

3. 次に真ん中のスリットに通します。そして一旦引っ張り切ります。この状態では動きますので、改めて長さを調節し決めてください。

turtle_16v_24 turtle_16v_25

 

4. 四角側のスリットに折り返して通します。この状態でもまだ動きます。

turtle_16v_26

 

5. 最後に三角側のスリットに返して通します。しっかりと引っ張って締めてください。

turtle_16v_27 turtle_16v_28

 

この方法は畳んで折り返すということができなければならないため、通常のナイロンテープではできません。なぜなら厚みがあるからです。もちろんこれが最善の方法とは言いません。多少滑って動いてしまう可能性もあります。しかし、特別なことをしなくても十分な機能を持つことができるのです。それはロングディスタンスハイキングのような長旅においても、故障などのリスクを減らします。また、こんな簡単な構造で調節できるということを知ることは、ウルトラライトハイキングへの、思考の転換にも繋がります。

 

しっかりと固定したければ結んでしまおう!

シンプルに結ぶのは故障やパーツ破損、紛失もなく安心です。やはりパーツなどの部品は少なければないほど、道具には臨機応変さが生まれ、いかようにも使うことができるようになります。結べるのも柔らかい素材だからです。

turtle_16v_21