レイと歩く時、僕らが学ぶこと 

2016年12月Ray Jardine(レイ・ジャーディン)が来日した。1991年に「PCT Hiker Handbook」を著して以来、彼はロングディスタンスハイキングに独自な方法論(Ray Way)を持ち込んだ存在として、またライトウェイトハイキング、ウルトラライトハイキングの源流として特筆すべき人物である。2000年代前半の日本で、彼の影響下でULハイキングをはじめた僕らが十数年の時を経て本人と出会い学んだ3日間。

システムで考える

軽量化の原則をふまえたうえで道具個々を選ぶとき、バラバラに考えるのではなく、それぞれを関連づけて考えましょう。それがシステムとして考えるということです。

軽量化の原則

むやみやたらと軽量なものだけを選んでも仕方ありません。自分なりにウルトラライトに近づくために何に気をつけるべきか。その原則をみてみましょう。

U.L.ハイキングとは

ウルトラライトハイキング、ウルトラライトバックパッキングとよばれるハイキングの新しいムーブメントがあります。その背景をわかる範囲で簡単に紹介してみたいと思います。