1998年のGVP Gear創立から一貫して北米のハイキングコミニティーにコミットし続けているメーカーGossamer Gear。 創業者であるUltralight HikingのレジェンドのひとりGlen Van Peski氏との関係も未だに良好。より多くのハイカーに「ライトウェイト」の恩恵を与えるバックパックラインと、GlenのDNAを色濃く残す「ウルトラライト」シリーズともいえるバックパックラインとが2017年にはより一層整理されて新しいプロダクトもお目見えしそうです。

そんなGossamer Gearにおいて、デイハイキングに適したプロダクトとしてバックパックの「ミニマリスト」とウエストバッグの「ヒップスター」はロングセラーといえる存在でした。その両者が2016年にリニューアル。基本デザインとシンプルな構造はそのままに、細部の仕様がより多くのハイカーに親しみやすいものに変更されたのです。特にリニューアルされたバックパック「ミニマリスト24」は興味深いプロダクトです。バックパックのマチがないことが特徴だった旧ミニマリストにそのマチをつける変更。ややもすれば「退化」ととられてしまいますが、これが荷物の出し入れをしやすい入口の大きなデイユースモデルを探していたハイカーに受け入れられたのです。走るためにはマチがない方が体にはフィットするのですが、歩くハイカーにとってはあまり関係ないと言わんばかりです。そしてマニアックなULハイカーにとってはマチがついたことでスリーピングバッグやインサレーションガーメントを収納しやすくなりました。十分にオーバーナイトハイクに対応するバックパックとして検討されているのです。

そんな「ミニマリスト24」と「ップスター」ですが、ここ2ヶ月ほど欠品でご迷惑をおかけしていました。

 

minimalist_1IMG_9875

ミニマリスト24(401g) ¥9,000+tax     ヒップスター(58g) ¥2,600+税

 

両プロダクトともに、再入荷いたしました。