本当にすいません。とても良いものができてしまいました。

とにかく軽さにこだわり、かつ寝心地の良いものを目指しました。それだけではなく、今までのフィードバックを元にパターン(型)を一から起こし直しました。その結果、従来と比べて同量のダウン量に関わらず、ふくらみがしっかりと出るようになりました。

生地も見直し、従来よりも軽量なものへ変更。ミニマルな仕様をさらに突き詰め、不要だと思われる箇所は削り、その分を必要な場所に割り当てることで、ダウンの入る空間が少なくなったことで今までよりもダウンの偏りが出にくく、膨らむべきところは膨らみ、窮屈感なく寝やすくなり、暖かいものに変化してしまいました。

*これはコンペティション、レース用向けに開発したもので、サイドスリープ(横向き寝)をするゆとりはありません。また寝返りをうつときには必ず隙間が生じ、冷気が入るものだと考えてください。

minimo_new_sample_1 minimo_new_sample_2

 

肩周りの膨らみ方がとても顕著です。ダウンジャケットでも潰れやすい肩まわりにしっかりと膨らみがつき、寒く感じやすいところをカバーします。首まわりもしっかりと密着するようになっています。

minimo_new_sample_3 minimo_new_sample_4

 

フットボックスもミニマルながらもゆったりとツッパリ感がなく足がリラックスできる形状になりました。ふかふかです。

minimo_new_sample_5

 

これだけふっくらとし温かさが増したにも関わらず、重量は約240gと従来よりグッと軽量化。さすがにエスケイプライトビビィとはいきませんが、エスケイプビビィと同重量まで来ました。価格に関しては、、、察してください。

そのほかにもまだ工夫がありますが、それは本紹介記事までお待ちください。

minimo_new_sample_6

 

今日はここまで!

今年の予約開始は3月中旬ころを予定しています。お楽しみに!

*店頭にはサンプルがありますのでご希望の方にはお見せすることが可能です。