シリアスなクライマーやスキーヤーから支持される質実剛健なウェアづくりで知られるWESTCOMB。ラインナップの多くは過酷な環境下で活動するユーザー向けの製品ですが、ハイキングでもオーバースペックにならないものもいくつか展開しています。今回はWESTCOMBからそんなハイカーにもちょうどいいウェアをピックアップしてご紹介します。


 

WESTCOMB/Crest Hoody

行動中の脱ぎ着を減らす工夫が詰まった軽量ソフトシェル。山の行動着に必要とされる保温と熱の発散、この相反する機能を実現するためにCrest hoodyで採用されたPERTEX EQUILIBRIUMは、防風性を持ちながらも、オーバーヒートを防ぐ高い通気性を持った素材です。それでも熱の発散が追いつかないときにはダブルジッパーを下から開いて強制換気してください。フードや袖口など、各所の作り込みもWESTCOMBならでは。羽織ってみると実感できる全体的なバランスの良さはさすがです。軽量ウィンドジャケットの台頭で影の薄かったソフトシェルも、これだけ軽くコンパクトになれば持って行くのが億劫になりません。ウィンドジャケットの通気性では満足できない、暑がりなハイカーにこそぜひ検討して頂きたい製品です。

crest hoody

Eclipseは深みのあるブルー

 

crest hoody

袖口はパイピングではなくベルクロの調節式になっています

 

 

crest hoody

裾丈は後ろが長め、フードはヘルメット非対応のコンパクトなつくりです(身長173cmでMサイズを着用)

 

実測重量)149g(Mサイズ)

サイズ)S、M

カラー)Eclipse

価格)¥24,000+税


WESTCOMB/Ridge LT Pants

同じくPERTEX EQUILIBRIUMを使った細身のシンプルなソフトシェルパンツ。生地の特性である高い通気性と伸縮性、肌に張り付かない質感を最大限活かしたこのパンツの一番の魅力はなんといってもその美しいシルエットでしょう。これまで機能性を重視した太めのパンツが多かったWESTCOMBでは珍しい細身のシルエットは、生地の高い伸縮性があるからこそ。カーゴポケットもないすっきりしたデザインに『こういうのを待ってた』と思われる方もいらっしゃるでことしょう。凝ったカッティングや縫製技術に溺れることなく、いい素材をきちんとデザインすればすばらしい製品になることを証明しています。今年は各社から良いパンツがリリースされて迷ってしまいますが、すっきりプレーンなデザインがお好みならRidge LT Pantsが最有力候補ではないでしょうか。

ridge LT

フロントはジッパーなしのポケットが左右に、右ポケット内にはコインポケットも

 

ridge LT

バックには右にジッパーアクセスのポケットがひとつだけあります

 

ridge LT pant

膝から上はゆったり、膝から下はすっきり細身です(身長173cmでMサイズ着用)

 

実測重量)269g(Mサイズ)

サイズ)S、M

カラー)TRL

価格)¥27,000+税


*商品の詳細や在庫状況などのお問い合わせは、お電話やメールでも承ります。お気軽にお問合せください。 メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。