Odyssey Scoop Neck

ibexの代表的モデルは定番なのにいつも新鮮です。素材がナイロンコアにアップデートしさらに使いやすく。夏の単体から冬のベースウェア、ハイキングからタウンライフもこなせるデザイン性と高い機能を持つ、女性のためのロングスリーブTシャツ。For women's design.

Odyssey Crew

ibexの顔とも言える定番ロングスリーブTシャツの素材がナイロンコアにアップデート。オールシーズン単体での使用から冬のベースウェアとして、さらに野山でのハイキングから街の生活もこなせるデザイン性と高い機能を持つ。ソリッドカラーと後染めのヘザーの2タイプ。

Fireball Verso Pull On

モンテイン定番のライトウェイト&シンプルなプルオーバータイプの化繊インサレーションウェア。Redesignしリバーシブルで着用可。着る側によって防風と保温を使い分けられる。秋冬の行動着。春夏の防寒着として使用できる応用範囲が広い一着。

LūmaGage™ “Happy Trails!!”

当店オリジナルロゴマーク入りで人気のLumaZip™がコンパス付きのLumaGage™になりました!アウトドア用計測器の老舗メーカーSun Company 製のキーホルダー型蓄光温度計&コンパス。ハイカーの経験値を高める大切なハイキングの相棒。Happy Trails !!

Fold Drybag Endura

本当に丈夫で、文句なしに使いやすい。TPUを使用し剥離や摩擦にも強い防水加工を施し、パックラフトは紹介していないのに、パックラフト向きのドライバッグのご紹介。

Mini-Groundhog™ Stakes

渦巻きのような形状をしているため、多方向に対して高い強度を保ちつつ、表面積が広いため固定力も高い。全てのテントに対して有効な軽量アルミストレートペグのNew Standard。

Core Stakes 6 inch

アルミチューブを使用した軽くて強いストレートステイク。遠慮なく打ち付けられるシンプルな形状と歪みも出にくい強度はもちろんちょうど良い太さは「枝をペグにする」時の下穴開けに最適。もしかしたらこれ一本で十分かも!?

Zelt II Wide / Aka-kuchiba

結露が少なく軽くて温かい。一度使うとその魅力がわかるfinetrackのツェルトシリーズ。それをちゃんと2人で使える“ワイド”幅にしてハイランドデザインオリジナルとしてリリースしました。色の名前は赤朽葉(あかくちば)。

Gnu Shed+cape

ハイカーGNU(ヌー)のアイデアから生まれた最初のアイテムにしてシリーズ第二弾!レインケープとしても十分軽い130gの重量にして、最低限のシェルター機能も併せ持ち、レイン+シェルターの枠を超えてULハイキングをさらなる軽さの世界へと誘います!

Sub-S Quilt(受注期間終了)

HDのトップキルトをベースに作られたミニモキルトのプロトタイプとして作られた標準外キルトを期間限定受注生産にて製品化。スリムでシンプルな構造で十分なダウン量はULハイカーにとってのサマーキルトであり、寒冷期のコンペティションキルトとしても使える軽量なダウンキルト。

Flap WrapⅡ

掛けて、たたんで、くるまって使えるダウンキルト。かけて布団。たたんでハーフバッグ。真ん中の穴から頭を出せばダウンポンチョ。多用途な一枚がアップデートしてハンモックアンダーキルトとしても使えるようになりました!

Trail Butter

オールナチュラルなエナジーフードとして注目を集める”ナッツ”バター。グラムあたりのエネルギー5.93kcal/gと補給食の中でも最高レベルを誇る高カロリーであるだけでなく、グルテンフリーに低糖質という低負荷かつ長時間の持続的な運動に最適なエナジーフードです。そしてこれがなによりも大事なこと「美味しい」。

ATOM

ジョー・グラントを中心にすすめられているスカルパのアルパインランニングカテゴリーにおいて、「軸」となるフラッグシップモデル。薄手のミッドソールがクイックな反応と足裏感覚を、Vibram®︎メガグリップと深めのラグパターンがスパイクのようなグリップ力を提供します。幅広の足型にも対応できる足型を採用。

Vagabond

デュアルトートハンドルが都市部での利便性を、バックパックストラップがあらゆるシーンでの快適性を実現する「クロスオーバーマルチキャリー」。街から山までをシームレスに「漂白する者」のためのバックパック。それがVagabond

2017年度版 JMTプランニングガイド

 JMT(ジョン・ミューア・トレイル)を含めてシエラネバダ山脈を歩くには、事前にいくつもの検討課題があります。本プランニング・ガイドでは、実際にJMTを歩こうと決めた方を対象に、プランニングに必要な「許可証などの予約」「交通手段」「装備と補給」「ハイキングルール」を中心に、準備期間から現地に到着してまでを説明していきます。