Hiker's Depot|ハイカーズデポ

軽いって自由。Ultra Light Gears & Dry Foods

Astro Foil E

SPECIFICATIONS
重量 139 g(実測値)
サイズ 4 mm 厚
122cm x 50cm(切り売り)
*122cm x 100cmでも販売可能です。
仕様 ポリエチレン樹脂製気泡シート
高純度アルミ箔による5層構造
PRICE
¥1,300 + tax

Review

 

宇宙服、航空機での遮熱&放射能遮断のために研究されたアルミと空気層による遮熱理論。それを住宅用建材に応用したのがアストロフォイル。いわゆる エアパッキンに高純度アルミ箔(99%以上)を溶着しているのですが、シンプルな見た目にも関わらず、その保温力の高さは折り紙付きです。反射率97%以上という高さのため、このアストロフォイルでボイルインバッグ(袋飯)調理&保管をおこった際、2時間後までできたてに近い暖かさがキープできたという例もあるほどです。

あくまでこのフォイル自体が暖かいのではなく、アルミと空気層により熱の対流を遮断、さらにアルミにより熱を輻射、その結果、熱を逃さないという仕組みであるため、なんらかの熱源と一緒に使用するとその保温効果は非常に高くなります。ボイルインバッグで非常に高い効果をもたらしたのは、熱湯を注いだ袋という熱源をくるんでいたからです。しかし4mmという薄さにも関わらず、外部にほとんど熱を逃がさない遮熱&保温効果は驚きに値します。

 <半身用マットと同じ122*50cm>

 <厚さ4mmでも高い遮熱性>

Anti Gravity GearはじめMLVなど各種コジーの材料としてすでに使用されていますが、他にも様々な使用方法が考えられます。

 

a)ボイルインバッグの調理&保温用として

b)ウォーターボトル&ハイドレーションの凍結防止用として

c)就寝用マットのブースターとして

d)防寒用衣類やアクセサリーとして

e)バックパックのショルダーや背面のパッドとして

 

a)、b)については自身の道具にあわせてぴったりとしたものを制作してもよいですし、適当な大きさのアストロフォイルを用意、包んだらゴムやスト ラップで固定するだけでもかまいません。c)は銀マットを思い出します。一番上にアストロフォイルを重ねてしばらく寝るとじんわり暖かくなってきます。や や滑りやすくなるのも銀マット同様ですが、半身用マットのサイズでもわずか140gという軽さから遮熱&保温ブースターとしての魅力は大きく、工夫のしが いがあるでしょう。d)については、2年に一度の日本横断レースTJAR(トランスジャパンアルプスレース)の参加選手がかつてエアパッキンで防寒用ベス トを制作&実践投入したことをふまえています。このアストロフォイルも完全不透湿ですので、通気や透湿はまったくおこらずエアパッキン同様に蒸れてしまい ますが、それを理解したうえでならばエアパッキンよりも遮熱&防寒においてさらに効果的であるといえるでしょう。e)についてはハイカーがa)~d)のよ うな用途でアストロフォイルを使用する場合、背面パッドやショルダーパッドとしても使用できることを示唆したまでです。ちなみにGossamer Gearのバックパックならば背面パッドとしてはもちろん、ショルダーやウエストのパッドとしても使用が可能(註)です。

 

 

使用するハイカーの経験やアイディアから様々な使用方法が見つかるはずです。それはタイベック(耐水&透湿)カーボンフェルト(難燃&触媒)と同じ魅力だといえます。試行錯誤しながら自分のハイキングを考えるきっかけのひとつになるでしょう。

註)Gossamer Gear製のバックパックの項を参照。なお本項写真のように同社バックパックの背面パッドとして使用した場合、冬季以外は背中が蒸れてしまうことをお忘れなく。

Hiker's Depot|ハイカーズデポ © 2015
All Rights Reserved