Ame-no-hi 2.5

トラッドなレインウェア Kagool をアクシーズクインのデザインと融合。十分な丈の長さがあるのでレインパンツ分の軽量化ができる約200 g のレインコート。新色にセンザイチャが追加。

Pika Pack HD ver.

本体の形状やバンジーコードの使い方に見えるシンプルさとオリジナリティ。GG「Murmur」や山と道「Mini」とも違う小型ULバックパックの新提案。

Mariposa

スルーハイカーに愛されてきた、フレーム入り超軽量大型バックパックの代名詞。新たな進化をみせるゴッサマーギアの主峰。機能はそのままに剛性感アップ。

KUMO "雲"

「日本」と「融合」がキーワード。MurmurとGorillaをハイブリッドさせたような、今やスタンダードなULバックパックの一つと言える『Kumo』

Sub-S Quilt

ミニモキルトのプロトタイプを製品化。スリムでシンプルな構造で十分なダウン量はULハイカーにとってのサマーキルトであり、寒冷期のレース用キルトとしても使える軽量なダウンキルト。

Walker Wool Shirts

これさえあればハイカードレスコードはクリア。肌触り良く、適度な密度のある生地は通気をしながらも寒気から体をまもり温めてくれる。積極的なアウトドアユースのためのハイキングウールシャツ。

Gripper Sensor™ Glove

今やOutdoor Research グローブの中で伝説になりつつあるグリッパーグローブがそのままタッチスクリーン機能を付加して新(?)登場です。

Hagoromo

柔らかな20D Pertex® Quantum Air を採用した軽量なソフトシェルプルオーバー。今までにない着心地と通気性の高さ。ウィンドシャツの新しく、正統な進化系。

Fireball Verso Pull On

モンテイン定番のライトウェイト&シンプルなプルオーバータイプの化繊インサレーションウェア。Redesignしリバーシブルで着用可。着る側によって防風と保温を使い分けられる。秋冬の行動着。春夏の防寒着として使用できる応用範囲が広い一着。

NeoAir XTherm & XTherm Max

保温性の高さに対する軽さが抜群。重さ430g(レギュラー)に対応温度はおよそ-20℃。Triangular Core Matrix 構造を採用、更に反射層を4重にすることで対流による熱損失を防いでいる寒冷期用のエアマット。初期モデルを彷彿とさせる長方形のNeoAir Xtherm Maxも加わりました。

Race

世界最軽量級のスノーシュー。過大な浮力は望めないが、斜面での取り回しや足運びに圧倒的に有利なサイズと軽さが魅力。より高い浮力とトラクションを備えたワカンをイメージさせるスノーシュー。

Micro Spikes

いまではハイキングクランポンのスタンダードともいえるチェーンクランポン。そのオリジナルモデルのひとつであるKahtoola。簡易な着脱と爪先&踵もカバーする摩擦面積の広さははじめてのクランポンとしてハイカーに安心感を与えてくれます。

KTS / K10 Crampons

短く下向きの前爪で歩きやすく、どんな種類の靴にも装着できるように工夫されたストラップシステムが特徴の10本爪ハイキングクランポン。軽さだけでなく、装着感が高さや靴を選ばない対応力の高さが魅力。ストラップシステムの違いでKTSとK10の2モデルが存在。

DOWNMAT HL WINTER M

保温力の比較では世界最軽量クラスとなるダウンマット。体に合わせたシェイプデザインは軽量化はもちろん昨今のコンパクトテントに合わせるため。ただ軽いだけでなく-32℃対応という保温力の高さは圧倒的な魅力。

JIN CUP UL

鹿児島の木工作家アキヒロジンの手によるウッドカップ。チタンマグにスタッキングできるサイズと木製とは思えないわずか60gの軽さが魅力のハイカー仕様。