Zelt II Wide / Aka-kuchiba

結露が少なく軽くて温かい。一度使うとその魅力がわかるfinetrackのツェルトシリーズ。それをちゃんと2人で使える“ワイド”幅にしてハイランドデザインオリジナルとしてリリースしました。色の名前は赤朽葉(あかくちば)。

Zelt II Long Stealth / Ao-kuchiba

ツェルト再評価の契機となったモデルをHiker's Depot別注としてアレンジ(2011年発売当時)。全長を伸ばし、カラーも日本の伝統色「青朽葉」をイメージ。どんな自然にも溶け込む軽量テントへと進化。現行はファイントラックのレギュラーラインナップになりました。

Fly Creek UL1

マニア向けのものだけではない。テントとして当たり前の機能を備え、スルーハイキングでの実績も多い、超軽量テントのスタンダードがRedesignで新たに。

Mega Light Tent

ワンポールシェルターのオリジナルDNAを継ぐモデル。ポイントはフロア形状。正方形はデッドスペースがうまれにくく、スピーディーな設営を可能にします。

Scout UL 2

テントの原型に近いオールドスクールなデザインを今の技術で作り上げたフロア付ULシェルター。2.5人分ほどのゆとりあるスペースは魅力。

Twin Sisters

フロアレスシェルターの防寒対策等に不安をもっているハイカーの悩みを解消。トレッキングポールの使用に最適なダブルポール設営は注目すべきポイント。

Zelt II

日本オリジナルのULシェルターとしてツェルト再評価の契機となったモデル。透湿性と軽量性とでBCスキーヤー中心に支持が集まっています。