はじめてのUL 2017〈秋〉アフターリポート

記事:Ryu "Loon" Katsumata

 

「はじめてのUL」は、スタンダードなウルトラライトなテクニックを学び、自分らしい山登りのスタイルを探るワークショップです。ULハイカーになることを押し付けるものではありません。パフォーマンスを阻害しないような軽量化が、多くの人の目標だと考えています。
(一グラムを削るために苦労したり我慢するのも、ULハイカーなら楽しむのだと思いますが、そういう人は稀ですよねー)
軽量化を目指す方、これから泊まり山行を始めるのに重い装備が不安の方、一緒に体験しましょう。

講師は、Hiker's Depotオーナーの土屋智哉。

そして、Hiker's DepotきってのULおじさん「べーさん」。

 

第四回目となる「はじめてのUL 2017 秋」。

土曜日は雨の予報だったので、午前中の室内講義の時はみなさん心配していた様子でしたが、現地についたら止んでいました。今回は出席者の中に晴れ女が居たそうです。さすがです。

ピシッとシェルターを張ってひと休みと言いたいところが、アルコールストーブを使っての調理。最初はおっかないものですが、慣れたらスイスイとお湯を沸かしていました。

ご飯を食べながらの談笑はいつも楽しく、勉強したことが飛んでいってしまいそうです。

 

二日目。

晴天に恵まれて、汗もほとんどかかない快適な登山。泊まりの装備を初めて持った人も多かったのですが、バテずに半日の工程を終えて、無事に三鷹まで帰着しました。
前日の緊張していたご様子が嘘のように、みなさん余裕綽々な表情で、毎度ながら、ちょっと嬉しさ半分、悔しさ半分です。一日でULハイカーになれるなんて!

参加者の皆さま、お疲れさまでした。実際に自分の装備で挑戦されるときにわからないことがありましたら、またお店にお越しください。

 

次回は春に開催予定です。今回、予定が合わなかった方、ご興味がある方は、また来年お会いしましょう。


PHOTO Gallery

過去最高の熱心さの4期生。北九州からの参加もありました。

 


【追記 2018.6.13  亀ハイカー】

この後皆さまで「次の練習の相談」をされていたのがとても印象的でした。2018年6月オフザグリッドには「4期生」の面々で本格シーズン前の練習帰りに寄っていただいたのが本当に嬉しい光景でした!