Hiker's Depot(ハイカーズデポ)は2018年9月5日で10周年をむかえました。

10年前、「Ultralight Hiking」はまだ小さなコミニティでしか共有されていないスタイルでした。熱心に取り組んでいた第一世代が様々な試行錯誤を続けていましたが、まだまだ批判や誤解も多くハイカーズデポオープンの際にも多くのメーカーさんにご心配いただきました。また「Long Distance Hiking」も然り。日本人のPCTスルーハイカーは既におられましたが、ちょうどそれが途絶していた時期にあたります。PCTやATはおろかJMTの情報すら少なく、ロングハイクの実態を知る日本人も少なく、誰もが情報に飢えていた時代でした。ほんの10年前はそんな感じだったのです。

それから10年。Ultralight Hikingは日本ではまだまだオルタナティブな存在ではありますが、確実に浸透をつづけています。PackraftingやBikepacking、Fastpackingといった周辺分野への影響も見逃せませんし、アメリカではULギアと従来のトラッドなギアとの境界線はもはや曖昧です。またLong Distance Hikingをアメリカで経験するハイカーが日本にも数多く生まれるようになりました。JMTは夏季休暇で海外ハイクを楽しもうとするハイカーにとってもはやフレンドリーなトレイルです。日本においてもハイキングをとりまく環境は少しずつではあるけれど、確実に変化しています。この10年とはそういう時間だったように思います。

そして何よりも「Hiking(ハイキング)」「Hike(ハイク)」「Hiker(ハイカー)」という言葉をみなさんが胸をはって口にするようになった。そのことが一番嬉しい変化です。そんな変化を生み出したのは紛れもなくハイカーのみなさんですが、そのお手伝いを多少なりともできたのであれば、それにまさる喜びはありません。10年で変わったもの、変わらないもの、様々あると思いますが、この10年をみなさんと一緒に歩いてこれたことを本当に嬉しく感じています。ありがとうございます。

いままでの10年、これからの10年、そのさきの10年、日本でも「ハイキング」という言葉がアウトドアシーンでもっと普通に口にされるように、海外のハイカーともボーダーレスにコミニケーションできるように、今後もハイカーズデポでは何かしらのお手伝いをつづけていきます。10周年を機に、信越トレイルやみちのく潮風トレイルなどとは今まで以上にハイカーのためのアクションをおこしていく予定です。日本のハイカーが海外でサポートされてきたように、今度は日本で海外のハイカーをサポートしていきたいですね。日本のハイカーみんなで。

 

ハイカーの貯蔵庫であり、停車場でもあり、情報の交換場所でもある「ハイカーズデポ」という名前のままに、これからも変わらず三鷹に在りつづけたいと思います。

本当にこの10年間ありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願い致します。

Happy Hiking,
Happy Trails,

Hiker's Depot

土屋智哉
長谷川晋
二宮勇太郎
勝俣隆

 


【各スタッフから一言】

土屋智哉

10年経ちました。本当にULで歩けるのか緊張しながらJMTを歩き、友人と一緒に夏の2ヶ月間内装に汗水流したのがつい先日のようです。開店時の店内写真を見返したのですが、当時の店内は驚くほど商品が少なくスカスカでした。期待いただいた方を失望させたことも少なくないと思います。あの当時は文字通りお客様に支えていただきながら試行錯誤した時代です。ULが本当に伝わっていくのか、必死でした。支えてくれる個性的なスタッフが増え、ULを中心にハイキングを多角的に提案できるようになった今でもそれは変わりません。伝えたいな、伝わるかな、という緊張感は毎日毎日変わりません。10年経ちましたが、それはこれからも変わらないハイカーズデポの根っこだと思っています。店頭でみなさんと正直にしっかり向き合うこと、その積み重ねをこれからも地道につづけていきたいと思います。ゆっくりと、しかし着実に歩みを続けるハイカーのように。

 

長谷川晋

ハイカーズデポに関わり9年経ちました。あっという間に感じるのはそれだけ有意義な時間を過ごさせてもらったからかもしれません。その中で最も僕にとって価値があるのはお客様をはじめとした多くの人たちとの出会いです。その中には今ではスタッフ同様に関わってもらっている方もいれば、同志として一緒にハイキングカルチャーの醸成に向かい仕事するようになった人もいます。また数多くの国内外を歩くロングハイカーたち。本当に素敵な、大切な人たちにたくさん会うことができました。本当にありがとうございます。これからもみんなが驚くような、喜んでくれるような、楽しいことを続けて行けたらと思います。
よくご存知の方も多くなりましたが、言いたいことしか言えないタチでございます。ご不快もあるでしょうし、それを正直と取ってくださるお客様もおります。どちらにしてもみなさんのたくさんのご好意に助けられています。どうぞこれからも末長くお付き合いをよろしくお願いいたします。より多くの出会いがあるこれからでありますように祈って。
Love & Peace. Happy Trails.   - Shin "Turtle" Hasegawa

 

二宮勇太郎

石の上にも三年。Hiker’s Depotのスタッフとして4年と8ヶ月。お店はオープンからあっという間に10周年。店頭に足を運んでくださる方はもちろん、日本全国から通信販売をご利用頂く皆様のおかげでこの日を迎えることができました。ありがとうございます。 Hiker’s Depotはこれからもウルトラライトハイキングの店であり続けるとともに、ロングディスタンスハイキング、ハンモックハイキング、アメリカのハイキングカルチャーを伝える店として、情報を発信していきます。「軽いって自由」のさらに先を目指して。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

勝俣隆

ハイカーズ・デポの開店前からウルトラライト・ハイキングに出会い、もう10年以上も経ったのかと驚いています。軽量化をする人は珍しくなくなり、ULハイカーは目立つ存在ではなくなりましたが。それこそがお店の目的の一つだったと思います。これからも「当たり前の軽さ」を追求していきたいと思います。