2000年代はじめに生まれたVapor Trailではじめて、UL系バックパックに触れた方も多いでしょう。これ以降は、さらなる重量削減競争が起こり、UL系としては重く感じたものの、丈夫さと軽さの両立が必要なロングディスタンス・ハイキングにおいては長く愛されてきました。

容量は60リットルと大きく感じますが、トップの吹流し部分が長いのが容量を増加している要因ですので、実際には45-50リットルほどのサイズ感です。

しっかりしたウェストベルトやショルダー・スタビライザーなども完備しているの点も、荷物の重くなりがちな長期山行や、これから軽量化を考えている人にも使いやすい特長ですね。ベルトにはポケットもついています。

重さ実測で約930グラム。機能や耐久性を備えたままの軽量化はこの辺りが限界なのでしょう。一週間以上のハイキング用ライトウェイト・バックパックの多くがこの重量帯に収まっています。

久しぶりに背負ってみると、ショルダーパッドの心地よさ、ウェストベルトのしまり具合など、昔ながらの完成度を感じます。(昔はトップリッドがないことすら不安に感じたものですが…)

お値段が20,000円(税抜)というのも、軽量化をこれから始めたい方には嬉しいところですね。

グラナイト・ギアが懐かしいかたも初めてのかたも、店頭でお試しください。