創刊13年、25号を数える山の小冊子『murren』。熱心なファンを多く持つこの山の小冊子はこのような入荷のお知らせなどをせずとも、いつの間にかお客様の手にわたっている本なのですが、このInfoでも紹介した『てくてく青空登山』が刊行された今年は新たな読者が増えたように感じています。最新25号「ネパールの音」が入荷いたしました。この最新号入荷にあわせて『てくてく青空登山』の他、現在入手できるmurrenバックナンバーもご用意させていただきました。是非この機会に手にとってみていただければ幸いです。

 

murren vol.25『ネパールの音』 ¥650+税

山の本というとルートガイドや道具本しか目にしたことがなければ、とても新鮮に映るはずです。なんでこの内容が山の小冊子なのだろうと声にする前に、山や自然に関わる事柄はどこまでも広がりをもっていて、深いもの、それでいて身の回りどこにでもころがっている、そんなことを心の片隅で感じていただけたら嬉しいです。

街と山のあいだ。

小冊子『murren』のコピー。街と山のあいだには様々な興味深いことがころがっているのです。

 

==========================================================

『murren』バックナンバー 各¥500+税

ご用意できるバックナンバーはこちらの5種類のみとなります。
残部僅かとなりましたのでご注意ください。

 

vol.18 「ATACAMA アタカマ砂漠」

vol.19 「Hitoshi & Rebuffat ヒトシとレビュファ」

vol.20 「WANDERVOGEL 渡り鳥」

vol.21 「the Tama Hills 多摩丘陵」

vol.24    「葉で包む」

ご注文やお問い合わせはコチラから。

 

==========================================================

 

『てくてく青空登山』
安西水丸 著 ¥1,200+税

 

そんな murren から2019年は叢書『MURREN BOOKS』の刊行がスタートします。ミューレン編集部独自の視点で選んだ、山や自然に関する著作シリーズです。創刊第一弾はイラストレーター安西水丸さんのイラストエッセイ集です。本書は生前に安西さんが様々な雑誌などに描かれた山歩きに関するイラストやエッセイをまとめたものです。それらを目にすると、静かにてくてくと小さな山歩きを楽しまれる様子がありありと思い浮かぶはずです。

 

誰と競うでもなく、何を自慢するでもなく、のんびりと気持ちのままに山を楽しみたい、そんな気分にさせてくれる一冊です。低山には春がもうやってきています。この本をバックパックにいれて、でかけてみませんか。

ご注文やお問い合わせはコチラから。