EXPED

Stuff Pillow
NEW

スリーピングギア
Weight

33g

着替えや防寒着一式を収納して使用する33gのマクラ型スタッフサック。二気室構造のため頭のすわりが良く、折りたたんで高さを調整することもできるULコンパクトピロー。
Weight

33g

SPECIFICATIONS

重量
33g
サイズ
50cm×30cm
素材
表面)ナイロン
裏面:トリコット面)ナイロン
2,300円 (税込2,530円)

マクラではありません
マクラに転用しやすい33gの収納ケース

Ultralight Pillow Case

EXPEDのカタログ。この製品のコピーがいかしています。
ピロー(マクラ)ではないのです。ウルトラライト ピロー ケース(マクラ型収納ケース)。そう、マクラではなくあくまで収納ケースなのです。言葉遊びといってしまえばそれまでですが、ハイキングに枕を持っていくか否か、ULハイカーならば一度は悩んだことがあるはずです。
「マクラなんて贅沢だよ、予備の靴下やTシャツいれたスタッフバッグ で十分さ。」
そう声高に叫ぶUL原理主義者を前にしてはマクラを持っていきたいなんて言えません。そんなULハイカーの葛藤を見てきたハイカーズデポ だからわかります。睡眠に求める質は人それぞれ。熟睡できる環境も人それぞれ。睡眠におけるマクラの比重は決してバカにできません。無理にガマンする必要なんてないんです。普通のスタッフバッグ をマクラとして熟睡できる人もいれば、頭のおさまりがよいアウトドアピローをマクラにしないと熟睡できない人もいる。それを早く見定めることが第一歩です。
「やっぱりちゃんとしたマクラのカタチだと、頭のおさまりが良くてしっかり眠れる!」
ですよね。そうとわかったら、さっそくマクラを選びましょう。
「でもマクラにしか使えないなんて、やっぱりULっぽくないですよね。」
まだそんなことを言ってるのですか。誰もアナタのテントの中なんか見ていませんよ。マクラを使っていようと使っていまいと、そんなことわかりません。とはいえULハイカーとしての矜持が許さないんですね。わかりました。そういうことならマクラではなく、マクラのカタチをしたスタッフバッグ なら気にする必要ありませんよね。普通のスタッフバッグ をマクラにするとツルツル滑ったり、頭のおさまりが悪いですからマクラのカタチをしたスタッフバッグ を持っていくのです。持っていくのはマクラではありません。あくまでスタッフバッグ なんですから。ULハイカーとしてのささやかなプライドも保てますよね。

だからこの商品は「ウルトラライトピローケース(超軽量マクラ型収納ケース)」
マクラじゃありません。あくまでも収納ケースなのです。

ULハイカーは理屈っぽくて嫌ですね(笑

 

予備の衣類がどれくらい収納できるか

防寒着)OMM スーパーソニック 185g
ビーニー)smart wool メリノ150ビーニー 25g
予備Tシャツ)HOUDINI フリーティー 160g
予備ソックス)injinji アウトドアミッドクルー 79g 2足

EXPEDスタッフピロウの収納力はかなりのもの。上記の防寒衣類、予備衣類は簡単に収納できます。

 

頭のおさまりが良い二気室

普通のスタッフバッグ をマクラに使うとどうも頭のおさまりが悪い、と感じている方はやせ我慢をせずに是非お試しください。普通のアウトドアピローを使っている方々には頭のおさまりがよいのは当たり前の感覚なのですから。

マクラの高さを変えたい方はこのように二つ折りにして調整することも可能です。

 

寒い時期はトリコット面、暖かい時期はナイロン面

トリコット面

 

ナイロン面

 

実は店主をはじめハイカーズデポのスタッフがずっとマクラは持っていかない!と意固地になっていたのです。これなら持っていってもいいかな、そして寝心地も良さそうだな、そんな素直な気持ちにさせてくれたのがEXPED スタッフピローなのです。