Home > Items > フットウェア > Hiker Socks Merino Crew Triple Crown
DARN TOUGH VERMONT

Hiker Socks Merino Crew Triple Crown

フットウェア
Weight

57g

好きなトレイルのソックスを履いて、そのトレイルを歩くことを考え、そのトレイルをサポートする。北米のトリプルクラウンのブレイズをあしらったハイカーソックス。売上の一部はトレイルの維持管理をおこなうPCTA、ATCのプログラムへの寄付にあてられます。
Weight

57g

SPECIFICATIONS

重量
PCT & CDT Lightweight
 57g(Mサイズペア実測)
AT Mideweight
 75g(Mサイズペア実測)
カラー&ウェイト
PCT(Pacific Crest Trail)Lightweight
CDT(Continental Divide Trail)Lightweight
AT(Appalachian Trail)Midweight
サイズ
S(23-25cm相当)
M(26-27cm相当)
L(28-30cm相当)
素材
PCT & CDT Lightweight
 ウール 45%、ナイロン 52%、ポリウレタン 3%
AT Mideweight
 ウール 61%、ナイロン 36%、ポリウレタン 3%
 
2,600円 (税込2,860円)

歩いたトレイルのブレイズを身につける
憧れのトレイルのブレイズを身につける
ソックスを履くことでトレイルをサポート
DARN TOUGHハイカーソックス

図柄はPCT、CDT、 AT。北米トリプルクラウンのブレイズです。
2021年度はPCTA、ATの2団体のサポートに売上の一部があてられます
どのソックスもつま先からかかとにかけて足裏にクッションを配置

アパラチアントレイルが通るバーモント州で親子三代にわたりソックスを作り続けるDARN TOUGH VERMONT。品質の中でも特に高い耐久性がブランド最大の強み。ソックスなのにライフタイムギャランティという嘘みたいな本当の話から多くのスルーハイカーが一度は使ったことがあるはずです。そんなダーンタフが北米のトリプルクラウン(PCT/パシフィック・クレストトレイル、CDT/コンチネンタル・ディバイド・トレイル、AT/アパラチアン・トレイル)のブレイズをあしらったハイカーソックスをリリースします。売上の一部はトレイルの維持管理をおこなっているPCTA、ATCのプログラムへの寄付にあてられます。

 

PCTライトウェイト

西海岸の針葉樹林と山をデザイン

 

CDTライトウェイト

中西部の岩砂漠をイメージ

 

PCTソックスとCDTソックスはライトウェイトクッションを採用。ライトウェイトはナイロン比率が高く、軽さだけでなく耐久性とのバランスが意識されたモデルです。もともとトレイルランニングモデルやバイクモデルなどで高い評価を得ていましたが、トレイルランニングシューズの着用が主流となった現在のハイキングシーンにおいては、このライトウェイトがハイカーソックスのスタンダートといえるでしょう。くるぶしを保護するクルーモデルは野暮ったくもハイカーらしいソックスです。

 

ATミッドウェイト

AT2000マイルの地図をデザイン

ATソックスはミッドウェイトクッションを採用。クッション性と保温性により重きをおいたミッドウェイトクッションはミドルカットやハイカットのハイキングシューズとよい相性です。ミッドウェイトはまさにアウトドアソックスといった趣です。ブーツと併用したり、スルーハイクなどの長期使用においても足裏のクッション部分がフェルト化しにくいような編み方に特徴があります。

 

2010年以降の10年間で海外トレイルは日本人ハイカーにとって飛躍的に身近になりました。2011年に日本人ハイカー初のトリプルクラウナーが誕生しましたが、2021年現在では既に7名となりました。PCT、CDT、ATのどれかひとつでも歩いたハイカーは増え続けていますし、これにJMT(ジョン・ミューア・トレイル)、CT(コロラド・トレイル)、AZT(アリゾナ・トレイル)など数百キロから千キロ前後のトレイルを歩いたハイカーを含めれば更に多くの日本人ハイカーの足跡を見ることができます。毎年毎年新たなハイカーが海をわたり、自分らしい旅をしています。情報収集が容易になった現在、いまや海外のトレイルはただの憧れではなく、具体的な目標になりました。だからこそ自分が歩きたいトレイルのブレイズをあしらったソックスを身につけてみませんか。気持ちが固まるかもしれません。「いつか」がより具体性をおびるかもしれません。このソックスを履いて歩きながら計画を練るのもいいでしょう。そして既にPCT、CDT、ATを歩いたハイカーは旅を思い出しながら履いてみてはいかがですか。
このソックスはPCTの管理運営をしているPCTA、ATの管理運営をしているATCに対して売上の一部をそのサポートにあてています。(CDTに関しては運営団体がふたつにわかれているため2021年現在は寄付の対象になっていないのかもしれません。)日本ではドネーションやボランティアというとついついあらたまってしまう傾向がまだまだありますが、好きなものを、好きな場所をサポートする行為として気軽にとらえてもらえると嬉しいです。

好きなトレイルのソックスを履いて、そのトレイルを歩くことを考え、そのトレイルをサポートする。

難しいことは何ひとつありません。