Trail Bum

P.I. Stuff Sack

パッキング ギア
Weight

19g

Primaloft®を保温材として使ったマグポットサイズのシンプルで軽いスタッフサック 。ULハイカー好みのミニマムなマグポットのコジーに、カメラやガジェット類の保温兼保護ケースに、そして保温グローブに、自由な発想で使えるスタッフサック 。
Weight

19g

SPECIFICATIONS

重量
19g
サイズ
直径φ11cm × 高さ16cm
素材
中綿 Primaloft ECO 80
生地 15d リップストップナイロン
カラー
シルバー、ブルー、グリーン
3,200円 (税込3,520円)

自由な遊び心を刺激
保温兼保護用スタッフサック
コジーにもグローブにも

シルバー
ブルー
グリーン

保温保冷素材を中綿に封入したスタッフサックです。サイズは500ml容量のクッカーがはいるサイズといえば、ULハイカーにはわかりやすいのではないでしょうか。保温効果を期待してコジーに使用してもよし、カメラやガジェット類の保護や保温に使用してもよし。指は使えませんが寒い時はグローブがわりにも使用できます。汎用性の高いスタッフサック です。

懐かしく感じた人もいるのではないでしょうか。先鋭的なクライミング&ハイキングギアを展開していたIntegral Designs はRab USAに買収されて以降ほとんどの特徴的だったアイテムは廃番となり Canada国内のみで一部ロゴを付け替えての販売となってしまいました。その数ある特徴的なアイテムは寒冷なカナダでいかに快適に過ごし、安全に暖かさを保つかが考え抜かれたものでした。その内の一つ「Bottle Cover」に対してのオマージュとしてサイズを現代のニーズにアレンジしてTrail Bum®が作っています。

シンプルな道具というのは使いかた次第ではいかようにも変化するのが特徴です。使おうと思えば財布代わりにしたってかまいません。シンプルであるがゆえの自由さこそこの道具の特徴といっても良いでしょう。

素材について

中綿の素材はプリマロフトECOの80g/m2。保温性を考えた衣類にもよく使われる厚みです。緩衝材としてだけ見れば十分ではないものの、音を減らしたり、他との当たりを軽減してくれます。保温力はそれなりにありますが、これも専用のものとは比べられません。生地は15デニールの極細繊維で織られたリップストップナイロンで、独特の光沢感が一瞬シルナイロンかと勘違いさせますが、ノンコーティングの生地です。平均29g/m2という軽い生地は全体の重量を抑えることに役立っています。

 

仕様

巾着を絞らない状態で、底から開口部まで約16cm。絞ると12cmくらいになります。直径は約11cm。

いざとなれば手首までしっかり覆える保温力の高いオーバーミトンにだってなります!サブのグローブとして助かるだけでなく、ULハイカーならこれをメインにることもできるかも? 予備ソックスをグローブ替わりに使用するというクラシックなULハイキングティップスのモダンアレンジといえるでしょう。

ドラえもんスタイル

 

クッカーとの相性

Evernew Ti400FDカップ
VARGO チタントラベルマグ450
TOAKS ポット550NH
JMW ヒルビリーポット550

これら550ml前後のサイズのマグカップ、マグポットのスタッフサック としてご利用いただけます。

TOAKS ポット550NHを収納した様子
1食分のフリーズドライフードならばお湯を入れた後の保温コジーとしてちょうどぴったりのサイズ

クッカーやストーブを収納して運び、食事の時間にはコジーとして活用し、イザと言う時にはグローブにもなる。スタッフサック としてしか使えないものよりも工夫のしがいがあり、自由な遊び心を刺激してくれます。UL的とはこういうことではないでしょうか。