Hagoromo

柔らかな20D Pertex® Quantum Air を採用した軽量なソフトシェルプルオーバー。今までにない着心地と通気性の高さ。ウィンドシャツの新しく、正統な進化系。

Brewer

水に濡れた場所でも抜群のグリップ性能を誇る高機能さがあるとは思えないほどに、見た目はシンプルなスニーカー。アウトドアシューズの中でも稀有な存在。ある意味これだけの機能とデザインならば、水中、水辺、トレイルはもちろんタウンや帰りの飲み屋まで、まさに場所を選ばない最強のアウトドアスニーカー!?

濃縮化粧水『谷』さっぱり

水って偉大。だけど水って重い。化粧水はスキンケアには欠かせないものですが読んで字の如く、そのほとんどが水です。その水分を極限まで減らしてギュッと凝縮したのでとっても小さく軽くなりました。いろんな水と合わせて使う濃縮化粧水。

森で、日やけ止め

肌に付いた日やけ止めはいつしか溶けて流れて行きます。その先は川や海。土の中でも生分解されにくいシリコンやポリマーなどの樹脂が含まれていることはあまり知られていません。どうせなら人にだけじゃなく環境にも優しいものを。
そんな気持ちが詰まったアウトドア仕様の『森で、日焼け止め』

EDC BOX micro stove

世界最少、最軽量。そんな言葉が溢れる現代社会。その世界に降り立った一台のマイクロストーブ。この焚き火台が何に使えるか、どう使うか。そんなこと考えるな!感じよう!試してみよう!この大きさに対して軽いのか重いのかわからない重量74g。ミニマリスト必携!?そのコンパクトボディには似合わない重厚なステンレス材で作られた焚き火台『EDC BOX micro stove』

Men's Vapor Tee

Duckworth(ダックワース)はアメリカ モンタナ州で育てたランブルメリノウールを使ったMade in USAのウールアパレルメーカー。非常に珍しい無加工ウールはウールとしての機能を最大限発揮します。それと化繊を混紡した、温暖な季節に最適なVapor Tee。

Men's Vapor Brief

アメリカ モンタナ州で育てたランブルメリノウールを使ったMade in USAのウールアパレルメーカー「Duckworth(ダックワース)」
機能を最大限発揮する非常に珍しい無加工ウールと化繊を混紡した、温暖な季節に最適なVaporシリーズ。履きやすいボクサーデザイン。

UltraLight Folding Table

調理や食事に際して1つるあると利便性が高い簡易作業台。チタン製、アルミ製、カーボン製のコンパクトテーブルはいままで製品としてありましたが、このプラスティック製は実測62g。素材や作りのチープ感すら愛おしいまさにULテーブル。

CT Tarp

ハイカーズデポ土屋が5年間にわたりテストしてきたタープが製品化。コロラドトレイル、JMT、ハイシェラ、ツアーディバイドルートと海外数多のトレイルでテストと実績を重ねてきた。小さすぎず大きすぎずの絶妙なサイズ感、単体使用はもちろんハンモック併用にも相性がよい汎用性。ソロ用ハイカータープとしての必要十分を備えます。2018年版より耐候性の高いシルポリ生地採用。

Lone Peak 3.5

北米における2010年代のハイキング&トレイルランニングを象徴するトレイルランニングシューズ。7年目を迎えたVersion3.5はALTRAローンピーク史上最高のバランスを誇ります。ゼロドロップやフォアフットをシーンに定着させた立役者はいまやハイカーシューズのスタンダード。

Steady

ハイカー舟田 “Yas ヤス”の自作バックパックをベースとし、ハイカー“Turtle タートル”のアイデアを加えてバージョンアップ!ULらしいシンプルな構造と、ロングディスタンスハイキングに対応する大きさや機能を詰め込んだ、スルーハイキングバックパック。ULトラディショナルデザイン。

Bummer

Trail Bum "Steady" をもっとUltralight hiking向けに小型化したトレイルライフからタウンライフまで幅広く使えるウルトラライトハイキングバックパック。細部の見直しや背面パッドが標準装備になってバーションアップ。それでも変わらないULトラディショナルデザイン。

Gorilla [5th Gen.]

Gossamer Gearの代表モデルの一つGorillaが5代目に。ゴッサマーらしいデザインに戻りました。使用生地をアップデートし、細部にもこだわり今一度軽量化を見つめ直しました。

Zelt II Wide / Aka-kuchiba

結露が少なく軽くて温かい。一度使うとその魅力がわかるfinetrackのツェルトシリーズ。それをちゃんと2人で使える“ワイド”幅にしてハイランドデザインオリジナルとしてリリースしました。色の名前は赤朽葉(あかくちば)。

Zelt II Long Stealth / Ao-kuchiba

ツェルト再評価の契機となったモデルをHiker's Depot別注としてアレンジ(2011年発売当時)。全長を伸ばし、カラーも日本の伝統色「青朽葉」をイメージ。どんな自然にも溶け込む軽量テントへと進化。現行はファイントラックのレギュラーラインナップになりました。