NOT BAD DOWN HOODIE

明確なコンセプトに基づき「Good」な何かを突き詰めた他社製品とは異なり、いつでも、どこでも、だれにとっても「Not Bad」であることを具体化したダウンインサレーション。「悪くない」ってことは「良い」ってこと。みんなに愛されるULダウンフーディー。

beak-tongs

天然素材のポットリフター。GSIシリコンホットグリッパーのような指サックスタイルはある意味ハードコア。かわいいルックスなのに実は結構ブッ飛んでいるアイテムです。手ぬぐいやタオル使えばなんて正論は言いっこ無し。UL好きなトモダチに「変なの見つけたよ!」ってプレゼントしたくなるアイテムです。

Waltz DX

コンパクトな財布として山でも街でも人気を集めるトリフォールドワレット。どれも同じでしょ?と感じている方にこそ手にとっていただきたい。女性目線のデザインにより独自性あふれる機構と新鮮な使い心地を提供してくれます。「軽い」「小さい」「心地よい」三拍子揃った日々の生活雑貨。

Boaster Jacket

プリマロフトが進化。保温力に対して最も軽い素材「プリマロフト®︎クロスコア™️」を採用。いままでの化繊綿の重量/保温性バランスを覆します。オーバージャケットとして着やすいようなゆとりあるフィッティング。フィールドでの汎用性を求めたULインサレーションウェア。

Walker Wool Hoodie

Trail Bum®︎のウールシャツは肌触りが良く、適度な密度の生地は通気しながらも寒気からカラダを守り温めてくれます。積極的なアウトドアユースのためのウールシャツをフードモデルに派生させました。天然素材ウールの特性を活かしたハイカー的アクティブウェア。

Walker Wool Shirts

これさえあればハイカードレスコードはクリア。肌触り良く、適度な密度のある生地は通気をしながらも寒気から体をまもり温めてくれる。積極的なアウトドアユースのためのハイキングウールシャツ。

Down Jumper

こんなに薄いのに温かい。シンプルなまま細部にまでこだわって他にはないものを目指しデザインした薄手のダウンプルオーバー。作り込まれた工夫が随所にあります。もちろん軽くてコンパクトなのでいつでもどこでもお供します。

P.I. Wrist Band

「首」とつく体の部位は秋冬シーズンの保温の肝になります。その中で忘れられがちなのが手首。素手や薄手グローブで作業する際にもこれを手首につけるだけで手先の感覚はだいぶ変わるでしょう。もう一つ保温具を足したい時にも最適です。

P.I. Pouch

Primaloft®を緩衝材代わりに使ったシンプルで軽いポーチ。何を入れてもOK。ガチャガチャ音のしやすいモバイルバッテリーなどのガジェット類を入れたり、アルファ米の保温、ドリンクの保冷。それ以外にも!?

Transcendent Mitts™

これぞハイカーの夢。見た目でも想像に難くない保温力。実際にもこれほど暖かくて快適なグローブ他にはないでしょう。ぎっしりつまったダウンは復元力も反発力も十分で、就寝時は枕としても使えそう!

OHM 2.0

フレームバックパックとしては十分な容量と逆U字のワイヤーフレームを搭載し荷重コントロールやサスペンション機構を実現しつつ重量は900g程度とフレームパック同クラスでは最軽量の一つ。DANA DESIGNSのDNAを受け継ぐ希有なULバックパック

Race

世界最軽量級のスノーシュー。過大な浮力は望めないが、斜面での取り回しや足運びに圧倒的に有利なサイズと軽さが魅力。より高い浮力とトラクションを備えたワカンをイメージさせるスノーシュー。

K10 Hiking Crampons

チェーンスパイクから一歩進んでみたいハイカーにこそ試してほしい。前爪を積極的に使うハードな「登り」ではなく、雪山をのんびり自由に「歩く」ための10本爪ハイキングクランポン。技術に応じて可能性も広がるスタンダードモデル。

MICROspikes®

いまではハイキングクランポンのスタンダードともいえるチェーンクランポン。そのオリジナルモデルのひとつであるKahtoola。簡易な着脱と爪先&踵もカバーする摩擦面積の広さははじめてのクランポンとしてハイカーに安心感を与えてくれます。

Winter Down Bag

ダウン量を最大限活かす工夫を随所に凝らしたフードレスでシンプルな冬用スリーピングバッグ。-12℃以下の冬用としては驚きの実測885gを実現。超撥水ダウン使用。