<< 一覧へ戻る

Euro Loden Cap

SPECIFICATIONS
重量 79g(実測値)
素材 Loden
25 micron 100% Wool
Cold Water Processed Austrian Wool
555g/m2
カラー・サイズ・注意点 Charcoal Heather
Acorn Heather

フリーサイズ

*注意点
手洗い
PRICE
¥6,000 + tax

Review

中央ヨーロッパの木こり達のキャップをモデルに作られた、Loden 、という名の起毛し凹凸感を持った厚手の生地を使用したウールキャップ。前頭部がやや浅く、後頭部にかけて少し深めになっています。耳は完全に隠れない位の深さです。内側はメリノウールのニットが付いていて肌触りを良くしています。シンプルでちょっと泥臭さを感じさせる中にもセンスが光り、かっこいいけどかわいさもある当店でも継続的人気アイテムの一つです。

アメリカでの循環生産を目指すibexですが、そのメーカーがこだわってヨーロッパ生産をしているアイテムの一つです。その理由は生地にあります。商品名にもなっている、Loden。これはオーストリアの鉱夫達(Loderers)の村から名付けられています。16世紀に起源し、いまだにオーストリアで続けられている製法で、25micronのウールを極度に冷たい水の中を通すことで高密度にできるのと、羊毛に本来備えられている撥水の源であるラノリンという油を残すことができるのです。これにより繊維は汚れや濡れから守られるだけでなく、環境に配慮することにも繋がるのです。この製法を守る為にも、アメリカ循環、という社命を越えてまでヨーローッパで作ることにこだわっています。Euro Loden Cap はオーストリアで繊維を作り、生地と縫製をイタリアで行っています。

カラー(順に)/Charcoal Heather、Acorn Heather、Sapphire

euro_loden_cap_1 euro_loden_cap_2 euro_loden_cap_3

確かにハイブリッド素材や高機能な化学繊維生地が多く作られていますが、着た人にはわかるウールの良さがあると思います。ウールは天然素材でそれ自体が温度を持っているのため、寒冷な季節にはふんわり暖かく、温暖な季節には少しひんやりと感じるのです。素材は化学繊維と比べ摩擦に弱く耐久性は低いのが事実です。しかし、循環可能な天然繊維であればこそきっと使う価値が大きいのだと思います。
このこだわりがあればこその高品質をぜひ体感してみて下さい。