Gorilla [5th Gen.]

Gossamer Gearの代表モデルの一つGorillaが5代目に。ゴッサマーらしいデザインに戻りました。使用生地をアップデートし、細部にもこだわり今一度軽量化を見つめ直しました。

Zelt II Wide / Aka-kuchiba

結露が少なく軽くて温かい。一度使うとその魅力がわかるfinetrackのツェルトシリーズ。それをちゃんと2人で使える“ワイド”幅にしてハイランドデザインオリジナルとしてリリースしました。色の名前は赤朽葉(あかくちば)。

Zelt II Long Stealth / Ao-kuchiba

ツェルト再評価の契機となったモデルをHiker's Depot別注としてアレンジ(2011年発売当時)。全長を伸ばし、カラーも日本の伝統色「青朽葉」をイメージ。どんな自然にも溶け込む軽量テントへと進化。現行はファイントラックのレギュラーラインナップになりました。

Thru-hiker Zip Off Pants

ハイカー達に好まれるのには訳がある。今までの経験と思いを詰め込んだスルーハイカーによるハイカーの為のジップオフパンツ。

Down Bag [4th Edition]

定番だからこそ4度目のアップデート。0℃対応・重量555gのULを象徴するフードレスデザインが特徴のスリーピングバッグ。 15Dナイロン生地採用で約22gの軽量化。超撥水ダウンによって積極的使用が可能。ダウンの膨らみを有効活用し温かさに対して軽く、足元まで開くフルジップで幅広い温度域に対応します。

Transcendent Mitts™

これぞハイカーの夢。見た目でも想像に難くない保温力。実際にもこれほど暖かくて快適なグローブ他にはないでしょう。ぎっしりつまったダウンは復元力も反発力も十分で、就寝時は枕としても使えそう!

SymMat UL WINTER M

化繊綿のマットとしては高い保温力と軽さを兼ね合わせたエアマット。-18℃対応は日本の冬用としては十分な上、長方形から生まれる体の収まりと圧倒的な寝心地の良さが最大の魅力。プラス手にしやすい価格も嬉しい。

Race

世界最軽量級のスノーシュー。過大な浮力は望めないが、斜面での取り回しや足運びに圧倒的に有利なサイズと軽さが魅力。より高い浮力とトラクションを備えたワカンをイメージさせるスノーシュー。

P.I. Wrist Band

「首」とつく体の部位は秋冬シーズンの保温の肝になります。その中で忘れられがちなのが手首。素手や薄手グローブで作業する際にもこれを手首につけるだけで手先の感覚はだいぶ変わるでしょう。もう一つ保温具を足したい時にも最適です。

P.I. Pouch

Primaloft®を緩衝材代わりに使ったシンプルで軽いポーチ。何を入れてもOK。ガチャガチャ音のしやすいモバイルバッテリーなどのガジェット類を入れたり、アルファ米の保温、ドリンクの保冷。それ以外にも!?

Down Jumper

こんなに薄いのに温かい。シンプルなまま細部にまでこだわって他にはないものを目指しデザインした薄手のダウンプルオーバー。作り込まれた工夫が随所にあります。もちろん軽くてコンパクトなのでいつでもどこでもお供します。

Superlight Down Jacket

超撥水ダウンを採用した、ダウン量/重量比でいうと国内最軽量と言えるダウンジャケット。軽さだけでなく、湿気に強くロフトを保つので保温性の変化が少ない。クラシックなデザインでも色褪せない定番アイテム。

Down Bib Pants

日本国内流通の中で撥水ダウン使用、ダウン品質とダウン量/総重量比の点で最軽量クラスだったオリジナルインナーダウンパンツを大胆に「ビブパンツ」へモデルチェンジ。持つ意味のある高い保温力は結果的に軽量化に繋がるULのメソッド。

WOOLNET SINGLET

アンダーウェアの下に追加することでメッシュによる空気層を形成。アンダー1枚追加しただけとは思えない保温効果を実現。汗や蒸気の排出機能も獲得できるウール製メッシュアンダー。

Walker Wool Shirts

これさえあればハイカードレスコードはクリア。肌触り良く、適度な密度のある生地は通気をしながらも寒気から体をまもり温めてくれる。積極的なアウトドアユースのためのハイキングウールシャツ。