SymMat UL WINTER M

化繊綿のマットとしては高い保温力と軽さを兼ね合わせたエアマット。-18℃対応は日本の冬用としては十分な上、長方形から生まれる体の収まりと圧倒的な寝心地の良さが最大の魅力。プラス手にしやすい価格も嬉しい。

NeoAir XTherm & XTherm Max

保温性の高さに対する軽さが抜群。重さ430g(レギュラー)に対応温度はおよそ-20℃。Triangular Core Matrix 構造を採用、更に反射層を4重にすることで対流による熱損失を防いでいる寒冷期用のエアマット。初期モデルを彷彿とさせる長方形のNeoAir Xtherm Maxも加わりました。

DOWNMAT HL WINTER M

保温力の比較では世界最軽量クラスとなるダウンマット。体に合わせたシェイプデザインは軽量化はもちろん昨今のコンパクトテントに合わせるため。ただ軽いだけでなく-32℃対応という保温力の高さは圧倒的な魅力。

Insulated Inertia X Frame

重量279gのオールシーズン対応エアマット。寝袋の保温性を引き出すクライミット独自のロフトポケットに加え、保温材としてプリマロフトを封入することで断熱保温性を向上

RidgeRest® SOlite [small]

軽さ、反発力、断熱性、耐久性の全てにおいて高性能なクローズドセルマット、リッジレストのSolite(輻射効果あり)。ショートを用意。

RidgeRest® Classic [Regular]

軽さ、反発力、断熱性、耐久性の全てにおいて高性能なクローズドセルマット、リッジレストのクラシックタイプ。レギュラーのみの展開。

NeoAir XLite

今やエアマットの定番。3シーズン用としては長さあたり世界最軽量クラス。エアーマットの弱点であった断熱性、エアー排出の手間を大幅に改善した。

U.L.Pad 15s+

両面プレス加工による耐久性と高反発性。厚みが保たれることにより対流が減り断熱性が高いロングトレイル対応ULスリーピングマット。