はじめてのUL 2017〈春〉アフターリポート

記事:Ryu "Loon" Katsumata

 

「はじめてのUL」は、スタンダードなウルトラライトなテクニックを学び、自分らしい山登りのスタイルを探るワークショップです。ULハイカーになることを押し付けるものではありません。パフォーマンスを阻害しないような軽量化が、多くの人の目標だと考えています。
(一グラムを削るために苦労したり我慢するのも、ULハイカーなら楽しむのだと思いますが、そういう人は稀ですよねー)
軽量化を目指す方、これから泊まり山行を始めるのに重い装備が不安の方、一緒に体験しましょう。

講師は、Hiker's DepotきってのULおじさん「べーさん」。

そして今回初参加のお手伝いさん!?ハンモック師匠こと「グレート・ザ・ニノ」。

 

第三回目となる「はじめてのUL 2017 春」。

初日の朝に集まったときには、借りてきた猫のように、どことなく落ち着かない様子だったのですが、座学、実習、実技に実際のハイキングを終えると、みなさん晴れ晴れとした笑顔で三鷹に戻ってきました。ご参加ありがとうございました。

二日間みっちりの講習で、まだ消化できないこともあるかもしれません。きっと、普段の生活に戻られて、ふとした時に、布一枚のシェルターの下で過ごした月夜を思い出す事があるでしょう。もう、そのときは、ハイキング病に感染しているでしょう。そんな症状がでましたら、お店にまた来てくださいませ。処方箋をお出し致します(笑)。

少人数のワークショップのため、いつも早い者勝ちになっしまいましてすいません。次回は秋を予定しています。装備の軽量化にご興味あるかた、軽やかにハイキングを楽しみたいかた、これから山泊をしながら旅に出たいかた、なかなか最初の一歩を踏み出すのは大変かもしれませんが、一緒にワークショップを通して自然を楽しみましょう!

Enjoy your trail!


PHOTO Gallery