「はじめてのUL」では、エマージェンシー・ブランケットをグラウンド・シートとしてを使用しています。

SOLのシートは軽くて、エマージェンシー・ブランケットの中では長もち。引裂きにも強く、穴が空いたらダクトテープで塞げます。シンプルで安くて、まあまあ長もち。理想のULギアです。

難点は、銀色のアルミ蒸着部分が剥げてしまうこと。いや、普通に使っていれば剥げないんですよ。でも、使い方次第では一発でなくなります。

 では、どうやったら剥がれるでしょうか。それは、銀色の面を濡らしたまま、銀色の面を内側にして合わせて、そのまま乾燥させてしまうことです。この状態で放置しておくと、次に開くときには、パリパリっと片側にアルミ蒸着が貼り付いてしまいます。面白いです。みなさん、やってみてください。

銀が剥げてもグラウンド・シートとしては機能しますので、気にしなければ良いのです。オーナー土屋のなんて、もはや銀のない、ただのオレンジのシートになってからも長々と使っています。エマージェンシー分なしです。

へげへげのシートがいやだ、という方は、以下のやり方で使うと銀色のエマージェンシー部分?が長保ちします。

1. グラウンド・シートは地面側が濡れるもの。色のついている方を地面に銀色を上側にします。ピカピカするのは我慢です
2. 使用後に畳むときは、地面側の色の付いた面を合わせます。銀色はいつも乾いた状態にしてくださいね
3.  帰ってきたら、水洗いするか、布巾で汚れを取り、よく乾燥させます

「はじめてのUL」で使用するシートは、毎回、きちんと掃除をして乾燥して、次の使用まで半年ほど寝かしています。この方法で、いつまでも長もちです。

それに、どちらの面を地面側に使うか決めておくと、使用する面がいつまでも綺麗なのは、使っていて気持ちいいものです。

へげへげのシートが気になる方は試してください。
あと、最初に入っていた袋に戻せないっ、という方は、折畳み方法をお伝えします。土曜日にでもお越しくださいませ。(大きい袋に入れても良いんですけどね…)

※こんなお小言ばかり言っているので、お母さんみたい、と言われるのですよね、とほほ。

Text by Loon